東京都葛飾区、足立区、松戸市、三郷市対応!会社設立と会計記帳、創業融資については「行政書士 金町事務所」にご相談ください。

行政書士の会計記帳、簿記サービス

会計記帳

創業・起業間もない方にとって、本業以外の仕事、つまり経理や人事、法務といったバックオフィス部分は大きな悩みの種になっています。

 

多くの経営者の方は、どうしても本業に費やす時間が優先し、バックオフィス業務がおろそかになってしまいます。しかし、こうした分野は法律的な規制も多く、締切が存在し、放っておくと損をしたり、罰則を受けたりする分野でもあります。

 

中でも経理は重要で、創業間もない方の多くは、自分の財布と会社の財布の境目がなく、お金の動きが把握できずにいつの間にか資金が不足していたり、融資を受ける資格を失ったり、確定申告に間に合わなかったりということがあります。

 

面倒な会計記帳はプロにお任せください。

行政書士 金町事務所では、忙しい事業主様に代わって、会計記帳サービスをご提供しています。

 

事業主様は、毎月、領収証、請求書、給与関係資料、銀行通帳の写しなどの必要資料をお渡しいただくだけで、あとは当事務所が経理ソフトを使って仕訳をし、仕訳帳、総勘定元帳、損益計算書、貸借対照表などを作成します。

 

会計記帳といえば税理士じゃないの?

 

よく税理士の「顧問契約」というのを聞くと思います。実は、あれには会計記帳は含まれていません。多くの場合は別料金が設定されており、場合によっては人件費の安い海外に外注にだしている税理士も少なくありません。

 

顧問契約というのは、「聞かれたことに答えてあげる」というサービスで、税理士さんはそれを「勉強代ですね」なんて言ったりします。

 

つまり、社内で記帳会計を行う人員がいる場合(それが事業主さんである場合もあります)に、「わからないことがあったら教えてあげます」というのが税理士の顧問契約なのです。

 

行政書士 金町事務所のサービス

行政書士 金町事務所は、たんに記帳して書類を作成するだけでなく、会計書類を分析することを通じて、節約できるポイント、融資のアドバイス、事業拡張の資金調達全般についてもご相談に応じさせていただきます。

 

さらには、財務や融資獲得、人事・労務、法務、ITといったバックオフィス全般についても、ご相談できるのが当事務所の強みになっています。

 

会計記帳の費用

初期費用:10,000円(税抜)
月額費用:10,000円(税抜。仕訳100件まで。100件を超えるものは1件あたり100円)

*領収書等の書類の受け渡しは郵送となります。訪問手渡しをご希望の場合は、1回3,000円(税抜)となります。
*契約期間:1年間。費用は6ヶ月毎の前払いとなります。

 

 

お問い合せはこちらから

 

葛飾区の【行政書士 金町事務所】のホームページにご訪問いただきまして誠にありがとうございました。当事務所は、外国人のビザ・在留資格・帰化、遺言・相続、契約書、内容証明、離婚協議書、会社設立、風俗営業許可などの業務を通じて、ご依頼者様のご希望を叶えるお手伝いをさせていただいております。葛飾区や足立区などの東京23区、そして千葉県松戸市、埼玉県三郷市などを中心に活動しています。

トップページ 事務所紹介 料金表 お問い合わせ スペシャルコンテンツ ブログ