葛飾区、足立区, 松戸市、三郷市対応!深夜種類提供飲食店の営業届出は金町事務所にご相談ください!

深夜酒類提供飲食店の届出

風俗営業許可

 

「深夜酒類提供飲食店」とは、深夜時から日の出の時間帯に、酒類を提供することのできる飲食店です。

 

「風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律(風営法)」によって、「酒類提供飲食店営業を深夜において営もうとする者は、公安委員会に、届出書を提出しなければならない。 」とされています。

 

風俗営業2号許可と似ていると感じられるところもありますが、以下の点で異なります。

  • 「接待営業」ができない
  • 0時以降も営業できる
  • 「許可制」でなく「届出制」である

 

ちなみに、食事がメインで酒類が補助的に提供されるような飲食店(ラーメン店やレストランなど)は、これに該当しないので届出は不要です。

 

また、「接待営業」もしないし「0時以降の営業」もしないのであれば、保健所の飲食店営業許可だけで営業できることになります。

 

深夜酒類提供飲食店の届出要件

 

深夜酒類提供飲食店の届出要件には、「地域の要件」と「営業所設備の要件」があります。

 

地域の要件

地域の要件は都道府県の条例で定められています。たとえば東京都であれば、以下の用途地域では深夜酒類提供飲食店を営んではならないとされています。

  • 第一種低層住居専用地域
  • 第二種低層住居専用地域
  • 第一種中高層住居専用地域
  • 第二儒中高層住居専用地域
  • 第一種住居地域
  • 第二種住居地域

 

営業所の場所がどの用途地域に相当するかについては、市区町村で調べることができます。

  1. 葛飾区の用途地域
  2. 足立区の用途地域
  3. 松戸市の用途地域
  4. 三郷市の用途地域

 

営業所設備の要件
  • 客室の床面積が9.5㎡以上であること(客室が1つの場合は制限なし)
  • 客室に見通しを妨げる設備がないこと
  • 風俗を害する恐れのある装飾、写真等がないこと
  • 騒音、振動の数値が条例で定めらた数値以下であること
  • ダンスをする踊場がないこと
  • 営業所の照度が20ルクス以上であること

 

必要な書類

 

上記の2つの要件を満たしていることが確認できたら、届出に必要な書類を準備します。

 

書類には以下の3つの種類があります。

  • 申請書など記入して作成するもの
  • 平面図など営業所に関する図面
  • 住民票など役所から取り寄せる等するもの

 

申請書など記入して作成するもの

名前

説明

深夜における酒類提供飲食店営業営業開始届出書 ・警察等から入手
営業の方法 ・警察等から入手
使用承諾書

・大家さんによる使用承諾書
・当事務所が用意します

 

その他、所轄の警察によっては追加の書類が求められる場合があります。

 

平面図など営業所に関する図面
  • 平面図
  • 営業所全体の求積図
  • 客席の求積図
  • 照明・音響設備の配置図
  • テーブル・イスの配置図

 

住民票など役所から取り寄せる等するもの
名前 説明
住民票 ・届出者のもの・届出の3ヶ月以内に発行されたもの
営業所の周辺図 ・ゼンリン等のものを使用
飲食店営業許可所 ・コピーで可
不動産賃貸契約書 ・コピーで可

 

届出から営業まで

 

法律では届出から10日後には営業できるとされていますが、実際には、届出が受理されてから2-3日後に現地調査があり、問題なければその場で届け出済み証のステッカーを営業所の出入り口に貼ってくれて、その日から営業することができます。

 

なお、この検知調査で図面等の数値に誤りがあった場合はその場で修正するので、印鑑を用意しておくといいでしょう。

葛飾区の【行政書士 金町事務所】のホームページにご訪問いただきまして誠にありがとうございました。当事務所は、外国人のビザ・在留資格・帰化、遺言・相続、契約書、内容証明、離婚協議書、会社設立、風俗営業許可などの業務を通じて、ご依頼者様のご希望を叶えるお手伝いをさせていただいております。葛飾区や足立区などの東京23区、そして千葉県松戸市、埼玉県三郷市などを中心に活動しています。

トップページ 事務所紹介 料金表 お問い合わせ スペシャルコンテンツ ブログ