葛飾区、足立区、松戸市、三郷市対応!遺言・相続、建設業許可、交通事故は金町事務所にご相談ください!

遺言 スペシャルコンテンツ

 

相続開始後のトラブル、いわゆる相続争いを避けるために、ぜひ、遺言を作成されることをお勧めします。

 

ここでは、遺言の書き方やその前提知識となる民法の規定などについて、易しく解説しています。

遺言 の記事一覧

遺言1 遺言の役割とは?

世間では、遺言、遺言と言われていますが、全ての人に遺言が必要というわけではありません。遺言とは、遺言者の最後の意思表示であると同時に、相続に伴うトラブルを回避するための指示書でもあります。したがって、相続に伴うトラブルが、明らかになさそうな場合は、必ずしも、遺言は必要ではないかもしれません。相続トラ...

≫続きを読む

遺言2 相続の力関係

相続や遺言を知るためには、まず、相続がどのような力関係によって行われるかを知る必要があります。つまり、力関係の優劣によって、どのように相続財産が分割されるのかが決定するのです。基本的な要素は、以下の3つです。民法の規定被相続人(亡くなった方)の意思相続人の意思最終的には民法の規定が神様なのですが民法...

≫続きを読む

遺言3 法定相続人と法定相続分

遺言というのは、民法の規定だけでは足りない部分を補ったり、民法の規定を否定して、被相続人の意思を示すものなので、遺言を作成するにあたっては、多少なりとも民法を知っていた方が便利だと思います。大まかに、以下の3点をおさえればOKです。そもそも相続人って誰のこと?(法定相続人)相続人が相続できる割合はど...

≫続きを読む

遺言4 遺留分と遺留分減殺請求

遺言3 法定相続人と法定相続分として、法定相続人と法定相続分について見てみましたが、ここでまとめておさらいしましょう。配偶者と子供がいるときの法定相続分配偶者:1/2子供:1/2 (2人以上いた場合は人数で割ります。)配偶者と親がいるときの法定相続分配偶者:2/3親:1/3 (2人いた場合は2人で割...

≫続きを読む

遺言5 遺言が必要なケース

遺言は、必ずしも必要なものでもありません。以前の記事にも書きましたが、「家族の仲が良く」、「経済的にも安定している」ということであれば、相続争いが起きる心配もないので、放っておいても構わないという判断をしてもいいと思われます。ここでは、遺言を作成することをおすすめするケースについて見てみたいと思いま...

≫続きを読む

遺言6 遺言でできること「遺言事項」

遺言でできることは法律で決まっています。これを「遺言事項」と言います。もちろん、これ以外のことを書いても法的には有効ですが、それを実行するかどうかは、遺族の判断に委ねられるということになります。遺言事項項目内容相続分の指定およびその委託法定相続分と異なる相続分を指定できる遺産分割の方法の指定およびそ...

≫続きを読む

遺言7 自筆証書遺言と公正証書遺言

民法では普通方式の遺言として、3つの形式を定めていますが、一般に使われているのは、遺言者本人が手書きで作成する「自筆証書遺言」と、公証人役場で作成してもらう「公正証書遺言」の2種類となります。自筆証書遺言と公正証書遺言の比較項目自筆証書遺言公正証書遺言作成方法遺言者本人が自筆(手書き)で作成する遺言...

≫続きを読む

遺言8 自筆証書遺言の作成の仕方

ここでは、自分で書く遺言「自筆証書遺言」の作成について、整理します。自筆証書遺言は、その名の通り、全て自書する必要のある遺言です。全てというのは、本文、日付、名前を含む全てです。財産や相続人が多い場合、とても長くなることがあり、手書きでは面倒だし、修正も大変ということであれば、公正証書遺言の作成をお...

≫続きを読む

遺言9 トラブルにならない良い遺言のヒント

せっかく遺言を作成しても、形式の不備や内容の不正確さなどによって、無効になったりかえってトラブルになってしまったら、元も子もありません。ここでは、トラブルを防ぐ、より良い遺言の書き方について検討します。財産を特定する財産が特定できないことによりトラブルになることがあります。複数の不動産、金融商品、車...

≫続きを読む

遺言10 遺言の作成例と文例(財産に関するもの)

ここでは遺言の作成例と文例について具体的にみていきたいと思います。基本的な書き方がわからない方は、ぜひ、以下の記事を先に読んでみてください遺言6 自筆証書遺言の作成の仕方遺言7 トラブルにならない良い遺言のヒント遺言の基本的な文例遺言の書き方には共通事項があるので、まずはそれを抑えてしまいます。以下...

≫続きを読む

遺言11 遺言の作成例と文例(その他)

特別受益の持戻しを免除する長男鈴木市之助には起業資金として600万円を贈与しているが、この分は同人の相続分から控除しないものとする。相続人が生前贈与を受けていた場合、他の相続人と不公平であるという問題が生じます。そのため生前贈与を受けた相続人は、その分を相続財産に加えて(加えることを「持戻し」といい...

≫続きを読む

遺言12 検認について

遺言7 自筆証書遺言と公正証書遺言 でもご紹介したのですが、自筆証書遺言の場合(実際のところ自筆証書に限らず公正証書遺言以外の全ての遺言)は、遺言執行前に、家庭裁判所による「検認」を経なければなりません。検認とは、家庭裁判所が遺言書の外形を検査して、遺言書の内容を確認し、偽造や変造がないことを防止す...

≫続きを読む

遺言13 公正証書遺言の作成

公正証書遺言は、公証役場において公証人によって作成される遺言です。形式的には「遺言者は公証人の前で遺言の内容を口述し、公証人がその内容を文書にまとめ、公正証書として作成する」とされていますが、本当にこのような形で作成すると、何度も公証役場に通う必要があり、作成まで数ヶ月かかることもあるので、実際には...

≫続きを読む

遺言14 遺言と遺産分割協議

行政書士 金町事務所は、「法的に正しく良い遺言書」の作成をサポートしています。「法的に正しい」とは、1つは形式面で、「手書きする」とか、「日付を入れる」とか、「押印する」とかいった点ですが、もう1つは、内容も法的に正しいという点です。代表的なのは遺留分を侵害していないということです。もっとも遺留分に...

≫続きを読む

遺言15 遺言はいつ書く? 遺言能力の話

「遺言」と聞くと、「まだ書くには早い」とか「縁起でもない」と思われるかもしれません。では、遺言とはいつ書くものなのでしょうか?60代、70代、あるいは80代になってからでしょうか? あるいは「体調が悪くなってから」とか「もうそろそろと感じたとき」かもしれません。いずれにせよ、いつ遺言を書くかについて...

≫続きを読む

遺言16 遺言の解釈

行政書士 金町事務所は、「法的に正しく良い遺言」の作成をサポートしています。「法的に正しく良い遺言」とは、単に形式的に正しいだけでなく、内容に疑義が生じることなく、相続トラブルを回避して、すぐに執行することのできる遺言です。このような遺言は、遺言執行のコストと期間を最小限にして、相続者間のいがみ合い...

≫続きを読む

遺言17 遺言の撤回

法律では、「遺言者、いつでも、遺言の方式に従って、その遺言の全部又は一部を撤回することができる」としています。つまり、遺言を撤回したければ、もう1つ遺言を書いて、「撤回する」と記載する必要があるということです。1. 遺言者は、遺言者の以前遺言(xx年xx月xx日作成)を撤回し、以下の通り遺言するもの...

≫続きを読む

遺言18 遺言執行者

これまでこの遺言のスペシャルコンテンツは、主として遺言の作成という観点から記述してきましたが、ここから先は、遺言の執行に関しての説明になっていくかと思います。そこで今回は、「遺言執行者」については、ご説明します。遺言執行者とは?遺言執行者とは、名前の通り遺言を執行する者なので、遺言に示された内容を実...

≫続きを読む

遺言19 遺言執行の準備

相続が開始すると(遺言者、被相続人が亡くなると)、遺言を執行することになります。遺言の執行とは、すなわち遺言書に記述されている内容を実行することで、現実に「相続する」、「遺贈する」手続きを行うことになります。不動産であれば、所有権移転登記(いわゆる名義変更)であり、預貯金であれば口座の名義変更あるい...

≫続きを読む

遺言20 遺言と遺産分割協議

相続が開始されると(被相続人が亡くなると)、その遺産は、遺言があれば遺言にしたがって分割されます。遺言執行者がいれば、個々の相続人は自由に遺産を分割する権限を失い、遺言執行者が遺産を分割します。しかし、遺言がない場合は、どうなるのでしょうか?遺産分割協議と遺産分割協議書遺言がない場合、被相続人の遺産...

≫続きを読む

遺言21 究極の遺言「法的に正しく良い遺言」とは?

遺言についてのスペシャルコンテンツも、ほぼ最終回ということになりました。「ほぼ」というのは、自信のなさの現れで、後で何か思いついてしまうかもしれないのですが。今回はついに究極の遺言である「法的に正しく良い遺言」について、具体的に検討していきたいと思います。ここで再度、「法的に正しく良い遺言」の定義を...

≫続きを読む

葛飾区の【行政書士 金町事務所】のホームページにご訪問いただきまして誠にありがとうございました。当事務所は、外国人のビザ・在留資格・帰化、遺言・相続、契約書、内容証明、離婚協議書、会社設立、風俗営業許可などの業務を通じて、ご依頼者様のご希望を叶えるお手伝いをさせていただいております。葛飾区や足立区などの東京23区、そして千葉県松戸市、埼玉県三郷市などを中心に活動しています。

トップページ 事務所紹介 料金表 お問い合わせ スペシャルコンテンツ ブログ