葛飾区、松戸市、三郷市対応!遺言・相続、建設業許可、交通事故は金町事務所にご相談ください!

遺言3 法定相続人と法定相続分

遺言というのは、民法の規定だけでは足りない部分を補ったり、民法の規定を否定して、被相続人の意思を示すものなので、遺言を作成するにあたっては、多少なりとも民法を知っていた方が便利だと思います。

 

大まかに、以下の3点をおさえればOKです。

 

  • そもそも相続人って誰のこと?(法定相続人)
  • 相続人が相続できる割合はどれだけ?(法定相続分)
  • 相続人が最低限主張できる相続分はどれくらい?(遺留分)

 

法定相続人と法定相続分について知ろう

 

まずは、誰が相続人になることができるのか(法定相続人)ということと、その相続人が相続することのできる相続財産の割合(法定相続分)についてご説明します。

 

下の図をご覧ください。

 

bluefly

 

このように、相続人には配偶者と子供、孫がいて、なおかつ親が健在で兄弟姉妹がいるという場合、相続人となることができる人は誰でしょう?

 

答えは、配偶者と子供です。

 

bluefly

 

このとき、もし子供が先に亡くなっていたとしたら、孫が相続することができます。これを「代襲」といいます。

 

基本的に、法定相続人が先に亡くなっていたとしても、その人に子供がいれば、その子供が代襲して、相続することができます。

 

配偶者と子供がいるときの法定相続分
  • 配偶者:1/2
  • 子供:1/2 (2人以上いた場合は人数で割ります。)

 

 

さて、次のケースです。

 

もし、被相続人の子供や孫が亡くなっていた、あるいは最初からいなかった場合、誰が相続人になることができるでしょうか?

 

答えは、親です。父親でも母親でも構いません。二人とも健在なら、二人とも相続人になります。

 

bluefly

 

配偶者と親がいるときの法定相続分
  • 配偶者:2/3
  • 親:1/3 (2人いた場合は2人で割ります。)

 

さて、最後に、子供も親もいないケースを考えてみます。

 

この場合は、当然、以下のようになりますよね。

 

bluefly

 

配偶者と兄弟姉妹がいるときの法定相続分
  • 配偶者:3/4
  • 兄弟姉妹:1/4 (2人以上いた場合は人数で割ります。)

 

ちなみに、このケースでは、「配偶者に全財産を相続させる」という遺言を作成することが多くなります。4分の1とはいえ、兄弟姉妹に遺産を残す必要はないと考える方が多いからです。これをやっておかないと、兄弟姉妹が多いと大変なことになってしまいますね。

葛飾区の【行政書士 金町事務所】のホームページにご訪問いただきまして誠にありがとうございました。当事務所は、外国人のビザ・在留資格・帰化、遺言・相続、契約書、内容証明、離婚協議書、会社設立、風俗営業許可などの業務を通じて、ご依頼者様のご希望を叶えるお手伝いをさせていただいております。葛飾区や足立区などの東京23区、そして千葉県松戸市、埼玉県三郷市などを中心に活動しています。

トップページ 事務所紹介 料金表 お問い合わせ スペシャルコンテンツ ブログ