葛飾区、足立区、松戸市、三郷市対応!遺言・相続、建設業許可、交通事故は金町事務所にご相談ください!

遺言7 自筆証書遺言と公正証書遺言

民法では普通方式の遺言として、3つの形式を定めていますが、一般に使われているのは、遺言者本人が手書きで作成する「自筆証書遺言」と、公証人役場で作成してもらう「公正証書遺言」の2種類となります。

 

自筆証書遺言と公正証書遺言の比較

項目

自筆証書遺言

公正証書遺言

作成方法

遺言者本人が自筆(手書き)で作成する 遺言者が伝えた内容を公証人が筆記する

証人

不要 2人必要

裁判所の検認

必要 不要

メリット

・自分だけで手軽に作成できる
・ほとんど費用がかからない
・遺言の存在や内容を秘密にできる

・形式や内容の不備により無効になる心配がない
・偽造、変造、隠匿、破棄のおそれがない
・検認が不要なのですぐに開封して執行できる
・字の書けない人でも作成できる

デメリット

・形式や内容の不備により無効になるおそれがある
・偽造・変造がされやすい
・遺言書が発見されなかったり、隠匿されるおそれがある
・検認が必要なので、遺言の執行までに手間と時間がかかる

・証人とともに公証役場に出向くなどの手間がかかる
・費用がかかる
・証人から遺言内容がもれるおそれがある

葛飾区の【行政書士 金町事務所】のホームページにご訪問いただきまして誠にありがとうございました。当事務所は、外国人のビザ・在留資格・帰化、遺言・相続、契約書、内容証明、離婚協議書、会社設立、風俗営業許可などの業務を通じて、ご依頼者様のご希望を叶えるお手伝いをさせていただいております。葛飾区や足立区などの東京23区、そして千葉県松戸市、埼玉県三郷市などを中心に活動しています。

トップページ 事務所紹介 料金表 お問い合わせ スペシャルコンテンツ ブログ