葛飾区、松戸市、三郷市対応!遺言・相続、内容証明、外国人のビザは金町事務所にご相談ください!

労働時間の基本について学ぼう

まず「法定労働時間」という決まりがあります。これ以上は働かせてはいけないよという上限の時間です。

 

労働基準法では「使用者は、労働者に、休憩時間を除き1週間について40時間を超えて、労働させてはならない。1週間の各日については、休憩時間を除き1日について8時間を超えて、労働させてはならない。」とされているのです。

 

この40時間のところについて、商業やサービス業のうち常時10人未満の労働者を使用するものについては、44時間とされています。

 

この1日8時間とか、1週間に40時間(44時間)というのは、労働者を働かせることができる上限で、これ以上労働者を働かせた使用者は、法律違反となり、罰則も受けてしまうほどの厳しい制限なのです。

 

大方の人は、「ずいぶん厳しいな」と思われると思うし、場合によっては「現実的ではない」と思うかもしれません。

 

昭和63年までは、1週間の労働時間の上限は、48時間でした。ですから、1日8時間、週休1日という会社がたくさんあったのです。

 

三六協定を締結すれば時間外・休日労働が可能

法定労働時間の基本は、上記のとおり、1日8時間まで、1週間で40時間(44時間)までというのが上限です。

 

しかし、会社にとっても急に忙しくなることもあるでしょうし、人が休んで代わりに誰かがその仕事をやらなくてはならなかったりすることもあるでしょう。そのために、例外的に上記上限時間を超えて労働者を働かせるために、使用者と労働者が協定を結び(労使協定)、これを書面にして、労働基準監督署長に提出するという制度があります。

 

これは労働基準法第36条に定められているので、三六(さぶろく)協定といいます。みなさん、聞いたことがあるのではないかと思います。

 

これを締結しておくことで、1日8時間、1週間40時間(44時間)を超えても、労働者に働いてもらうことができます。

 

ただし、ここで間違えてはいけないのは、これは「時間外に働いてもらうことができる」という協約であって、「時間外にタダ働きしてもらうことができる」という協約ではないということです。

 

時間外、あるいは休日に働いてもらうためには、タダ働きどころか、割増賃金を払って働いてもらわなければならないのです。

 

 

次回は、週休1日の会社について考えてみたいと思います。

葛飾区の【行政書士 金町事務所】のホームページにご訪問いただきまして誠にありがとうございました。当事務所は、外国人のビザ・在留資格・帰化、遺言・相続、契約書、内容証明、離婚協議書、会社設立、風俗営業許可などの業務を通じて、ご依頼者様のご希望を叶えるお手伝いをさせていただいております。葛飾区や足立区などの東京23区、そして千葉県松戸市、埼玉県三郷市などを中心に活動しています。

労働時間の基本について学ぼう の関連ページ

週休1日の会社ってどうなってるんだろう?
割増賃金を理解しよう

トップページ 事務所紹介 料金表 お問い合わせ スペシャルコンテンツ ブログ