葛飾区、松戸市、三郷市対応!遺言・相続、内容証明、外国人のビザは金町事務所にご相談ください!

割増賃金を理解しよう

時間外労働や休日労働には、割増賃金というものがあります。

 

このスペシャルコンテンツのテーマは、「未払い残業代を請求する」というものですが、多くの場合、未払い残業代には割増賃金を含むものになります。

 

割増賃金とは何か?

割増賃金とは、時間が労働に対して加算される賃金のことです。時間外労働というのは、1日8時間とか、1週間40時間といった法定労働時間を超えた部分のことをいいます。

 

よく勘違いされるのですが、「ウチは、9時から17時までの労働時間だから、17時を超えた部分に割増賃金が発生する」というものです。

 

もちろん、使用者が、自主的に割増賃金を払ってくれるのであればいいのですが、法律で保障されているのは、「1日8時間を超えた部分に対して、割増賃金をはらなさいよ」ということなのです。たとえば、このケースであれば、17時から18時の1時間は、割増でない賃金を支払い、18時以降についてのみ割増賃金を支払うことになります。

 

賃金の割増率について

割増賃金の対象となる労働と労働時間

割増率

時間外労働

25%以上

60時間を超える時間外労働
 *中小企業を除く

50%以上

休日労働

35%以上

深夜業

25%以上

時間外労働 + 深夜業

50%以上

60時間を超える時間外労働 + 深夜業
 *中小企業を除く

75%以上

休日労働 + 深夜業

60%以上

 

いかがですか? 60時間を超える時間外労働を深夜に行うと、通常の75%以上の残業代がつくのですね。

 

だから、きちんと残業代が払われる会社の場合、嬉々として残業している人も結構います。逆に「なんでそんなに忙しいんだ? 早く帰れ!」なんて言われたり。

 

割増賃金が適用される時間外労働とは?

 

葛飾区の【行政書士 金町事務所】のホームページにご訪問いただきまして誠にありがとうございました。当事務所は、外国人のビザ・在留資格・帰化、遺言・相続、契約書、内容証明、離婚協議書、会社設立、風俗営業許可などの業務を通じて、ご依頼者様のご希望を叶えるお手伝いをさせていただいております。葛飾区や足立区などの東京23区、そして千葉県松戸市、埼玉県三郷市などを中心に活動しています。

トップページ 事務所紹介 料金表 お問い合わせ スペシャルコンテンツ ブログ