ビザや在留資格、永住許可申請、帰化許可申請なら葛飾区の行政書士 金町事務所にご相談ください。

ビザ・在留資格、永住許可申請 - Visa, Immigration

査証

仕事や勉強、結婚などで日本に住む外国人の方は、入国管理局による在留資格永住許可が必要となります。在留資格は外国人本人やその家族、外国人を呼び寄せる会社や学校が申請することができますが、作成し提出する書類も多く、スムーズに許可を得るのは非常に大変ですし、許可を得られない場合もしばしばあります。

 

行政書士 金町事務所では、外国人本人や呼び寄せる方のご相談を親身になってお聞きし、在留資格を得るために最適な方法をご提案します。

 

さらには外国人の方による会社の設立お店の開店などについてもお手伝いしております。

 

ビザ(VISA)・在留資格・永住許可のご要望・お困りごとをサポートします!

外国人の従業員を雇用したい
家族を日本に呼び寄せたいが在留資格の手続きがわからない
日本の大学を卒業したら日本で就職したい
外国人と結婚したので在留資格が欲しい
書類の作成や入国管理局に行く時間がない
申請書類の作成や収集が複雑でよくかわらない
自分で申請したが不許可になってしまった
永住許可をとりたいが見通しを知りたい

 

こんなご要望のある方は今すぐご相談ください!

入管業務のプロフェッショナルが最適な方法をご提案します!!

 

国際関係業務サービスメニュー

ビザ・入管関連業務
外国人の方の起業・ビジネス支援
  • 会社設立
  • 飲食店開業
  • 風俗営業許可申請
  • 和文・英文契約書の作成やアドバイス
渉外身分関係手続
  • 国際結婚・離婚手続
  • 国際養子縁組手続
  • 国際相続

 

外国人の方をトータルでサポートします!

 

Visit JapanやCool Japanなど、政府はさまざまなキャッチフレーズで海外に対してアピールしています。しかし、残念ながらその多くは日本の商品を買ってもらったり、日本に観光に来てもらったりということを狙っているばかりで、日本という国は、日本に住みたいと考える外国人に対しては決して優しい国であるとはいえません。

 

日本で勉強したい、日本で仕事がしたい、日本人と結婚したいと考える外国の方は相当な人数にのぼるものの、在留資格や永住権を得たり、日本で会社やお店を立ち上げたりすることは、非常な困難を伴います。

 

外国人の方が日本でビジネスを立ち上げることは、日本人がアメリカで事業を立ち上げることに比べると数十倍難しいといえるのではないでしょうか。

 

私は大学卒業後、大手総合商社、外資系コンサルティング会社、外資系ソフトハウスを経てきた関係上、多くの外国人と一緒に仕事をする経験をしてきました。

 

彼らの多くが日本人の親切さ、清潔さ、食べ物のおいしさ、さらには近未来的な都市景観にびっくりし、感激し、ファンになって帰っていきます。

 

みなさん、日本と日本人が大好きなのです。2020年のオリンピック開催地に東京が選ばれたことは当然です。みんな、東京に来たいのです。

 

日本に住んだり、日本で起業することは、外国人の方には相当な困難を伴う可能性がありますが、そんなときは、いつでもご相談ください。当事務所は、外国人の方のライフパートナー、ビジネスパートナーとして、日本での生活やビジネスを全力でサポートします。

 

 

在留資格・ビザ・帰化記事一覧

ビザ・在留資格認定証明書

査証と在留資格認定証明書よく「ビザ、ビザ」言いますが、実際のところ査証(ビザ)と在留資格認定証明書が混同して使われるケースをよく見ます。あまりここにこだわる必要もないのですが、勘違いを無くすためにも、両者の違いを見ていきます。査証(ビザ) Visa「観光ビザ」とか「商用ビザ」とかいった言葉を聞いたこ...

≫続きを読む

ビザ交付申請 - 在留資格認定証明書交付申請

誰が申請するのか?在留資格認定証明書の交付申請は、外国人本人かその代理人が、その外国人を受け入れようとする団体や機関の所在地あるいはその外国人の親族などの代理人の居住地を管轄する地方入国管理局・支局・出張所などに対して行います。本人が申請するのは、たまたま「短期滞在」などで在日していて、在留資格認定...

≫続きを読む

ビザの更新 - 在留期間更新許可申請

在留期間更新許可申請とは?在留資格を得て日本に在留している外国人は、既に許可されている在留期間の更新(延長)を申請して、更新の許可を受けることができます。この申請は、在留期間満了の1ヶ月前から10日前までにするのが望ましいとされています。申請は本人の他に、本人が所属する団体や機関の職員、それに行政書...

≫続きを読む

ビザの変更 - 在留資格変更許可申請

基本的に外国人は、入国・在留のときに決定された在留資格をもって在留を継続するとされていますが、在留期間中に状況が変わって、在留資格を変更しなくてはならない場合もあります。たとえば「企業内転勤」の資格で在留していた外国人が日本の他の企業に転職したり、「留学」の資格で在留していた留学生が日本の企業に就職...

≫続きを読む

子ども(外国人)が生まれた - 在留資格取得許可申請

何らかの在留資格で日本に在留している外国人に子供が生まれた場合、両親とも外国人であれば日本国籍を得られないことになるので、以下のような手続きが必要となります。出生した日から14日以内に所在地の市区町村に出生の届出を提出します。この届出には、医師や助産婦などの出生証明書が必要です。子供の国籍の属する国...

≫続きを読む

永住ビザ - 永住許可申請

27種類ある在留許可の中に「永住者」があります。永住許可を受けることができると、外国人は日本に永住することができます。ただし、日本は移民を受け入れる政策をとっていないので、最初から「永住者」として入国(上陸)し、在留することはできません。他の在留資格で長年日本に在留し、永住許可申請してはじめて「永住...

≫続きを読む

資格外の活動をしたい - 資格外活動許可申請

資格外活動とは?日本に在留する外国人は、その外国人の在留目的に応じて許可された在留資格をもって在留することとされています。したがって、その外国人の活動は、許可された在留資格で認められている範囲に限定されることになります。したがって、その範囲を逸脱した事業を行ったり、報酬を得る活動を行うことはできませ...

≫続きを読む

再入国の許可が欲しい - 再入国許可申請

外国人には、出国の事由が保障されているので、日本からの出国については、入国審査官からの出国の確認(つまりパスポートに証印を押すこと)以外に、特別な手続きは必要とされません。外国人が日本から出国してしまうと、日本との関係はそこで終了ということになり、それまで与えられていた在留資格も消滅してしまいます。...

≫続きを読む

転職したときのビザは? - 就労資格証明書交付申請

「技能」や「技術・人文知識・国際業務」といった就労系のビザは、「その外国人自身」、「働く会社」、「仕事の内容」などで審査して許可されるので、転職してしまうと、次回の更新の際に、更新許可が得られない場合もあります。特に期限ぎりぎりで更新申請した場合、許可されないと帰国しなければならなくなってしまうこと...

≫続きを読む

葛飾区の【行政書士 金町事務所】のホームページにご訪問いただきまして誠にありがとうございました。当事務所は、外国人のビザ・在留資格・帰化、遺言・相続、契約書、内容証明、離婚協議書、会社設立、風俗営業許可などの業務を通じて、ご依頼者様のご希望を叶えるお手伝いをさせていただいております。葛飾区や足立区などの東京23区、そして千葉県松戸市、埼玉県三郷市などを中心に活動しています。

トップページ 事務所紹介 料金表 お問い合わせ スペシャルコンテンツ ブログ