ビザや在留資格、永住許可申請なら葛飾区の行政書士 金町事務所にご相談ください。

永住ビザ - 永住許可申請

27種類ある在留許可の中に「永住者」があります。永住許可を受けることができると、外国人は日本に永住することができます。

 

ただし、日本は移民を受け入れる政策をとっていないので、最初から「永住者」として入国(上陸)し、在留することはできません。他の在留資格で長年日本に在留し、永住許可申請してはじめて「永住者」の在留資格を得ることができるのです。

 

永住許可のメリット

 

「永住者」の在留資格を得ると、以下のようなメリットがあります。

  1. 在留期間の制限がなくなります。退去強制事由に該当しない限り、日本に在留することができます。
  2. 在留活動の制限がなくなります。他の法令によって外国人に対する制限がある場合を除き、どの職にも就くことができます。
  3. 退去強制事由に該当した場合でも有利な取り扱いをされる場合があります。
  4. 配偶者や子供が永住許可申請をした場合、一般の在留者よりも簡易な基準で許可を得ることができます。
  5. 商取引や就職などで信用力が高まります。

 

永住許可申請

 

永住許可を申請することができる外国人については、法務省が永住許可に関するガイドラインを定めているので、これを見ていただくのが早いかと思います。

 

まずは10年以上日本に在留していることが第一の要件です。他の在留資格で在留して、実績を見せろということですね。ただし、日本人の配偶者などについては、これが大幅に緩和されていて3年以上在留していればよいことになっています。

 

他の要件は、「素行が善良であること」ですが、普通に生活していれば何の問題もありません。また「独立生計に足りる資産または技能を有すること」というものについても、日本で10年以上きちんと働いていて、それなりに貯金と技能があれば普通のサラリーマンレベルで問題ありません。

 

こうした条件を満たしているようであれば、地方入局管理局・支局・出張所に永住許可の申請を行います。

 

永住許可申請の必要書類

 

永住許可申請の必要書類は以下の通りですが、これについてもその外国人によっては他の書類を求められることがあります。

  1. 永住許可申請書
  2. パスポートと在留カード
  3. 独立生計維持能力を証する資料(資産や過去3年間の所得を明らかにする資料等)
  4. 素行善良を証明する資料(納税証明書、善行等の表彰状等)
  5. 身分関係を証明する資料(戸籍謄本、家族一覧表等)
  6. 健康診断書
  7. 身元保証書
葛飾区の【行政書士 金町事務所】のホームページにご訪問いただきまして誠にありがとうございました。当事務所は、外国人のビザ・在留資格・帰化、遺言・相続、契約書、内容証明、離婚協議書、会社設立、風俗営業許可などの業務を通じて、ご依頼者様のご希望を叶えるお手伝いをさせていただいております。葛飾区や足立区などの東京23区、そして千葉県松戸市、埼玉県三郷市などを中心に活動しています。

トップページ 事務所紹介 料金表 お問い合わせ スペシャルコンテンツ ブログ