ビザや在留資格、永住許可申請なら葛飾区の行政書士 金町事務所にご相談ください。

資格外の活動をしたい - 資格外活動許可申請

資格外活動とは?

 

日本に在留する外国人は、その外国人の在留目的に応じて許可された在留資格をもって在留することとされています。したがって、その外国人の活動は、許可された在留資格で認められている範囲に限定されることになります。したがって、その範囲を逸脱した事業を行ったり、報酬を得る活動を行うことはできません。

 

一方、入管法では、在留資格で定められた活動以外の全ての活動を一切禁じているわけではなく、資格外活動許可という制度を設けることで、臨時的かつ副次的に在留資格外の活動をすることも認めています。

 

ただし資格外の活動は、資格外の活動をすることで本来の在留活動が妨げられないこと、臨時的に行おうとする活動が適当と認められること(要は風俗などはダメということ)が条件となっています。

 

包括的許可と個別指定許可

 

資格外活動には、「包括的許可」と「個別指定許可」の2種類があります。

 

包括的許可

1週間につき28時間以内(「留学」の場合で夏休み等の時は1日に8時間以内)の収入を伴う事業を運営する活動または報酬を受ける活動。つまり、学生のアルバイトのように、空いている時間に好きなところで働いていいよということです。ただし、風俗等は除きます。

 

個別指定許可

包括的許可のほか、地方入国管理局長が資格外活動の許可にかかる活動を行う日本の公私の機関を特定して、業務内容その他の事項を定めてここに指定する活動。たとえば、「よく通訳を頼まれるので、報酬をもらってやりたい」などというのはこちらになります。

葛飾区の【行政書士 金町事務所】のホームページにご訪問いただきまして誠にありがとうございました。当事務所は、外国人のビザ・在留資格・帰化、遺言・相続、契約書、内容証明、離婚協議書、会社設立、風俗営業許可などの業務を通じて、ご依頼者様のご希望を叶えるお手伝いをさせていただいております。葛飾区や足立区などの東京23区、そして千葉県松戸市、埼玉県三郷市などを中心に活動しています。

トップページ 事務所紹介 料金表 お問い合わせ スペシャルコンテンツ ブログ