ビザや在留資格、永住許可申請なら葛飾区の行政書士 金町事務所にご相談ください。

転職したときのビザは? - 就労資格証明書交付申請

「技能」や「技術・人文知識・国際業務」といった就労系のビザは、「その外国人自身」、「働く会社」、「仕事の内容」などで審査して許可されるので、転職してしまうと、次回の更新の際に、更新許可が得られない場合もあります。

 

特に期限ぎりぎりで更新申請した場合、許可されないと帰国しなければならなくなってしまうこともあります。

 

そこで転職したときには、入国管理局に対して「こういう会社に転職しましたので、この会社で働くことができることを証明してください」と求める必要があります。それが、「就労資格証明書交付申請」です。

 

就労資格証明書交付申請

もともと「就労資格証明書」というのは、外国人が自分の働く会社あるいはこれから働こうとする会社に対して、自分がどんな仕事をする資格を得ているかを証明するための書類だったのですが、今は、在留カードに在留資格や期限などが記載されているため、この書類はあまり使われることはなくなりました。

 

しかし、入局管理局では、転職をしたときには就労資格証明書交付申請することを推奨しており、これをしておくことで、次回の更新手続きがスムーズに進むとともに、転職を理由とした更新の不許可の心配がなくなるというメリットがあります。

 

転職を伴う就労資格証明書交付申請の必要書類

行政書士 金町事務所では、転職を伴った就労資格証明書交付申請では、以下の書類を提出するようにしています。これからは、在留資格更新許可申請と在留資格変更許可申請の特徴を合わせ持ったものであるといえます。

  1. 就労資格証明書交付申請請書
  2. パスポート(申請時には原本必要)
  3. 在留カード(申請時には原本必要)
  4. 履歴書・職務経歴書
  5. 昨年の源泉徴収票(前の会社発行のもの)
  6. 退職証明書(前の会社発行のもの)
  7. 労働基準法第15条第1項及び同法施行規則第5条に基づき,労働者に交付される労働条件を明示する文書(雇用契約書など
  8. 会社案内
  9. 会社の登記事項証明書(登記簿)
  10. 決算書または事業計画書
  11. 申請理由書
  12. 採用理由書
葛飾区の【行政書士 金町事務所】のホームページにご訪問いただきまして誠にありがとうございました。当事務所は、外国人のビザ・在留資格・帰化、遺言・相続、契約書、内容証明、離婚協議書、会社設立、風俗営業許可などの業務を通じて、ご依頼者様のご希望を叶えるお手伝いをさせていただいております。葛飾区や足立区などの東京23区、そして千葉県松戸市、埼玉県三郷市などを中心に活動しています。

トップページ 事務所紹介 料金表 お問い合わせ スペシャルコンテンツ ブログ